Global site

下総醤油

しもうさしょう

下総醤油

ちば醤油トップ > 下総醤油

ネットショップ
法人お問い合わせ

ちば醤油
170年の時を
この一滴に

千葉県の北東部、かつて下総(しもうさ)と呼ばれた温暖で醤油製造に適した地域の中でも、豊かな水を利用した水運の町として栄えた香取。

ちば醤油創業の地です。

多くの設備が近代化される中、下総醤油だけは、創業(1854年)以来、使い続ける木桶の中で時間をかけて醸造されます。

170年続く伝承の木桶仕込み。

使うのは厳選された国産原料のみ。
(丸大豆、小麦、塩)

蔵人の熟練の技が加わって、澄んだまろやかな天然醸造の逸品、「下総醤油」が生まれます。

熟練の技と天然酵母の精緻な仕事が生み出す芳醇な香りと旨味。

ちば醤油不動の人気商品。

それが「下総醤油」です。

醤油造りの要、麹室(こうじむろ)

小麦を煎り、旨みの決め手となる「国産大豆」と併せます。

それを麹室(こうじむろ)で伸ばし、最適な温度・湿度の維持に神経を注ぎながら、じっくり時間をかけて「麹」を造ります。

170年使い続ける木桶

暗い木桶の中で発酵・熟成を繰り返します。

1つの木桶の円周は約10m、容積は8,000リットル。

蔵にはたくさんの微生物が付着しています。

これこそが醤油の醸造に不可欠な「蔵つきの酵母」。

170年もの間、この蔵に棲みついて、「下総醤油」だけのまろやかな味わいを醸成する蔵の命です。

こうして自然と微生物の力を借りながら、「下総醤油」は熟成されます。

ビン入り

厳選された国産原料(丸大豆、小麦、塩)だけを使用し、伝統ある木桶で熟成させた、ちば醤油渾身の逸品。

特級基準よりも旨みを10%アップしています。

二重ボトル

酸化を防ぐ二重構造になっているため、鮮度長持ち。

できたての香りと旨味が続きます。

下総生

下総醤油よりも更に旨味の強い超特選下総生醤油。

火入れ(加熱処理)をしないため、一層まろやかな味わい。

「下総醤油」は、iTQi(国際味覚審査機構)主催の国際食品アワードにて、2007年、2010年の2度、Superior Taste Award (優秀味覚賞)の2つ星を獲得しています。

iTQi2010

iTQi2007

下総醤油はこちらでご購入いただけます

ネットショップイメージ

ちば醤油について、または製品についてのご相談やサンプルのご依頼は下記までご連絡ください。

0478-80-7177
法人専用お問い合わせフォーム